在宅ワークってぶっちゃけ稼げるの?

どんどん税金や物価は上がっていくけれど肝心な給料は特に上がらず。
こんな状態では生活も厳しくなるばかり。
少しでも収入を増やそうと考えるのは誰しも同じことです。

そこで今在宅ワークが大注目されているわけですがそもそも在宅ワークで高収入ってどんな仕事をしている方なんでしょう。
雑誌などの情報はいかにも稼いでます!
とか収入を堂々と宣言しているような人って専門職以外にも主婦に人気のwebライターをしている方もいるようですね。
でもそれって本当なんでしょうか?

20万、30万収入があるとか、秘訣教えます、なんて言葉がメディアでは躍っていますが
実際の在宅ワークの平均月収を調べてみると大よそ140万円前後。
在宅ワークでの仕事は拘束時間も長いし慣れるまではせいぜい頑張って2万円程度と思います。

なぜなら大体3万円程稼ごうと思えば1日のほとんどを使って作業が必要だからです。
作業効率もあわせて単価も低ければ尚更平均月収なんて遠い存在ですね。

さて、大よその平均月収も分かったところで肝心な稼げるの?といった部分。
仕分けをすると在宅ワークで得られる平均月収を副業として考えれば立派な副業として稼いでいるに区別が出来ます。
在宅ワークだけの収入とするとえ?大丈夫?もう少し頑張ろうね、に分類されてしまうでしょう。
もちろん在宅ワークで生計を立ててる人こそ20万、30万の壁を突破している勇者と思われますが
平均月収は高収入のワーカーさんも含まれるのであまり参考にはならないかもしれません。

現実的に言えば副業として成り立つ作業時間で考えると月に2万~3万程度がごく一般的な収入と思われます。
それでも3万円稼ぐのもかなりの時間が必要となるので拘束時間を考えると働きに出たほうがいいわ!と思う人も多いわけです。
もちろん大金を手にしたり稼いでいる人も多くいますがそれも一握りな人たち。
誰しも高収入になるわけではないので慣れないうちは稼ぐというよりはコツコツ貯金をするという気持ちでいたほうが
いいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です