肌の悩みは尽きません。。。

身は昔からお肌の懸念が尽きません。

ドライ、毛孔、面皰、赤テースト、しみ、しわ、挙げだしたらキリがないほどだ。

目新しいコスメを通じて僅か度合がいいかな?というといった、また振り出しに立ち返るという繰り返し。

そんな中いきなり立ち寄った書店でハーブにめぐりあいました。

様々なハーブの効き目を読んでいくうちに、ハーブのネームバリューにのめり込んでしまいました。

それではカモミールのハーブティーパックを始めました。

これは結構簡素!鍋でハーブをグツグツ濃く煮出して、冷ましてからコットンに浸して計画やるだけ。

前もって異臭に癒されます。カモミールの生易しいりんごものの容易い異臭がたまりません。

また、カモミールには眼の疲れを取り去るインパクトもあるようで、こういう計画をした夜はぐっすり眠れます。

計画し終えたあとは眼が軽くなり、ワン言い方お肌が明るくなります。掌がくっつくような水気もあり、その後の美貌液が入らないぐらいだ。

煮出したあとのハーブはお茶計画に入れてお風呂へ。

最後まで無益無く使いきります。

そうして次に試したのがハーブチンキ。

保湿、美肌、面皰に重点を置き、

カモミール、ヒース、ローズマリーで作りました。

これもすこぶる簡単で、ボイル滅菌した瓶にハーブとリカーを入れてデイリーフリフリやるだけ。間もなく中核が抽出されて色が変わっていくのが可笑しいだ。

そうしてひと月後に濾して、冷蔵庫で年間は持ちます。

始めは精製水で薄めてメーキャップ水としてつぎ込みました。惜しみなく使えるので計画にぴったり!全身に使います。

身は内輪ドライがちなのですが、こちらはダミーでなく内側からしっとりうるおいます。

しだいに欲張りになり、今では原液にグリセリンを混ぜた高濃度美貌液として使っております。リカーが硬いので、ちょこっと掌で温めてからお肌につけます。

これを使うようになって、フェイスシルエットの面皰が収まり、ドライによる赤テーストも考えにならなくなりました。

まったくハーブのナショナリズムは奥深いですが、揉め事知らずのお肌に生まれ変われるみたい連日勉強していきたいと思います。

さらに肌の汚れを落とすためエマルジョンリムーバーを使っています。

エマルジョンリムーバーはサッと吹きかけるだけで根本から汚れが落とせて良いんです!

エマルジョンリムーバーを使って見たい方ぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です